東広島市で子育てを楽しむための情報サイト

10/26 MON

東広島市

23℃

10℃

雨雲レーダー

  • TOP
  • 学ぶ
  • 東広島からプロの世界へ。バレエダンサー森川真央さんにインタビュー
  • 東広島からプロの世界へ。バレエダンサー森川真央さんにインタビュー

    2019.03.15

    東広島からプロの世界へ~「この道に進む」と決めた時~

    「好きなことを仕事にしたい」。そう思い描く子どもは多い。子どもの頃からこつこつと積み上げ、プロの世界に飛び立った東広島市出身のバレエダンサー森川真央さん(20)にインタビュー。

    森川真央さん

     

    全力でないと悔しさはない

    東広島市出身の森川真央さん(20)は、ルーマニアのシビウ州立バレエ団に所属して2年目。同バレエ団は、シビウの街を中心に、ルーマニア国内やヨーロッパ諸国で年間30公演以上を上演する。ダンサー40人が所属し、内10人が日本人。

    森川さんがバレエを始めたのは、2~3歳の頃。バレエ教室を運営する両親の影響で「幼稚園や小学校へ通うように、バレエは日常生活の一部で当たり前のことだった」と言い、「でも、当時の僕にはそこまでの情熱もなかったし、辞めたいと思うことはしょっちゅうあった」と振り返る。バレエに対して特別な感情を持ち始めたのは、小4の時に初めて出場した国際コンクール。決勝まで残ったものの賞をもらえずに涙をのんだ。教室の外にいる強いライバルたちから刺激をもらい「強くなって表彰台に上りたい」と実感した。

    その後、海外留学の奨学金(スカラシップ)が狙えるコンクールに出場し、中学校3年の夏からスイスのチューリヒにあるダンスアカデミーに2年半留学。足の疲労骨折が原因で高校2年の冬に帰国した。プロへの道か大学進学か悩んだ末、出場したイタリアのコンクールで、現在所属するバレエ団のディレクターから声が掛かった。

    目標を持つ子どもたちへ「楽しくないと思うことでも、1回全力でやってみることが大切。できない悔しさはそうじゃないと味わえないし、達成感も味わえない。思いっ切りやることがスタートで、楽しさに気付けたら、そこから景色が変わっていくはず」とエールを送る。

     

    ※プレスネット2019年3月21日号掲載記事より

    c2020 kodomoto