東広島市で子育てを楽しむための情報サイト

10/29 THU

東広島市

23℃

12℃

雨雲レーダー

  • TOP
  • 学ぶ
  • 【習い事リポート】人気急上昇のスポーツ「ラグビー編」
  • 【習い事リポート】人気急上昇のスポーツ「ラグビー編」

    2020.03.19

     

    子どもにたくさんの経験をしてほしいと、習い事をさせる家庭は多い。文化系、スポーツ系、たくさんある習い事の中で、昨年から、ぐんぐん部員数を伸ばしているスポーツがラグビー。東広島市内に唯一のスクールをリポート。

     

    東広島ジュニアラグビースクールに聞くラグビーの魅力とは

    1.体が大きい人だけでなく、小柄でも足の速さで活躍できる。
    2.協調性や礼儀が身に付く。かけがえのない仲間ができる。
    3.「東広島ジュニアラグビースクール」個性を強みに活躍!

     

    寺西小学校のグラウンドを中心に毎週日曜、練習を行う東広島ジュニアラグビースクール。創立30年で、部員は現在4~12歳の54人。この内、女子が12人。

    昨年のラグビーワールドカップ日本代表の活躍や社会人ラグビーを描いたドラマの影響もあり、スクール生はこの1年で約2倍に増えた。小2まではタグラグビーで練習を重ね、小3からは通常のラグビーを指導している。


    同スクール代表の島田文男さん(67)は「決して強いチームではないが、礼儀や相手への尊重は常に意識するよう指導している」と話す。小6まで見ていると、協調性が身に付くだけでなく、体力も付いてきて、子どもたちの成長がよく分かるという。


    体格が大きければスクラムやタックルで力を発揮し、小柄でも足が速ければ点が取れる。自分の個性を強みに変えて活躍できるのがラグビーの魅力。


    同スクールは11人のボランティアのコーチで運営。会費は保険代を含めて500円。体験も常時受け付けており、初心者でも気軽にラグビーを楽しめるのも人気の一つ。親も練習に参加するなど、雰囲気がとても良いことが30年という歴史を支えていると感じる。


    現在、新型肺炎の流行の状況を見ながら練習の有無を決定。見学の際は、スクールのホームページで確認を。

     

    MEMO

    🏉今年度は11試合に出場。毎年3月に行われる広島県少年ラグビースクール選手権での総合優勝を目標にしている。
    🏉小学2年生までは、腰に付けたひもをつかむタグラグビーで練習する。

     

    ※プレスネット2020年3月19日号掲載記事より

    c2020 kodomoto